[01] 萬歳 民衆が「萬歳を唱ふ」とはどのような声であろうか。(『続紀』天平十七年五月)
[02] 鎮守府 鎮守府の和名は何だろう。
[03] 佐保山南陵 『大和名所図会』多聞山城址・眉間寺・聖武天皇陵。
[04] 万葉集の歌が刻まれた木簡が物語ること 「留之良奈●ゝ麻久/阿佐奈伎尓伎也」。
[05] 寛治三年七月越後絵 平安時代の越後の地図と言われるものが、何点かが存在する。
[06] 先代旧事本紀―景行天皇の81子 古事記・日本書紀・先代旧辞本記の対照表。
[07] 高橋氏文 磐鹿六獦の記事。
[08] 日高見国 『公望私記』矢田部公望(やたべのきんもち)は、平安時代中期の官人・学者。
[09] 糜・鹿 「糜」および「鹿」の考察。
[10] 尾津神社二坐 『特選神名牒』(延喜式神名帳に記載された各社について詳しく調べた書)より。
[11] 倭名類聚抄―職名 「職名」(大政大臣を頂点とする官僚の職名)のうち「長官」について。
[12] 新羅国使金三玄の来朝 続紀には、宝亀五年条に新羅国との関係の変化を示す記述がある。
[13] 風土記言上の詔 和銅六年の勅により、諸国で風土記を編纂し提出するよう命じたとされる。
[14] 『続日本紀』東大寺の会(天平勝宝元年) 宇佐神宮から禰宜尼の大神杜女らを招いて盛大な会。
[15] 「五臓の欝結を写さんとする」山上憶良の歌三首 山上憶良は726年に筑前国司に赴任する。
[16] 地名「住吉」考 地名スミヨシ、スミノエについて探った。
[17] 日本書紀の「難波」 倭名類聚抄の国郡郷に難波はないが、書紀の記事中に度々登場する。
[18] 「朝臣とアソ」試論 朝臣とアソの繋がりの探求する。
[19] 摂津職と摂津国 摂津国は摂津職が治める特別の国であったが、平安遷都のときに普通の国に。
[20] 上宮記逸文 若野毛二俣王から継体天皇までの空白を埋める『上宮記』。
[21] 日本書紀における「春分」の訓読 本来の春分の意味をやまと語で正確に表すには。
[22] 蛟龍  倭の「みつち」には、「蛟」または「蛟龍」(こうりゅう)が対応するとされる。
[23] 木が作る長い影  朝日・夕日の影はどれだけ伸びるか。
[24] 職員令をそのまま読む 『令義解』から知る、大宝令、あるいは養老令の概略。
[25] 古語拾遺の「三蔵」とは 雄略天皇紀に大蔵の記述はない。「大蔵を立てた」記事は古語拾遺。
[26] 県主と国造 東国では国造の細分化が目立ち、畿内の県主のレベルに相当する。
[27] 稲荷山古墳出土金錯銘鉄剣 記された115字について検討する。
[28] 江田船山古墳出土銀象嵌銘鉄剣 記された75字の解釈を試みる。
[29] ヒトの目の角分解能 ヒトの目は、どの程度細かいところまで見えるか。